ディセンディングトライアングルとは?パターンや引き方、エントリーポイント

更新日
2021年10月26日

FXのテクニカル分析の1つであるディセンディングトライアングル
ディセンディングトライアングルは、相場の方向性を掴むための有効な分析方法です
ただ、ディセンディングトライアングルの使い方や注意点についてわからない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ディセンディングトライアングルのパターンやFXでの使い方につ解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

ディセンディングトライアングルとは

ディセンディングトライアングルとは、チャートパターンの1種で、高値を切り下げながら下降していくトレンドラインと、安値を水平的に移行するサポートラインを線で繋いだ時にできる三角形の形をしたチャートのことです。

安値は横ばいで、高値が切り下げていることから、ディセンディングトライアングル発生後は、下降トレンドを継続することが多いとされています。

特に、下値を支えている水平のサポートラインを下にブレイクした後は、強い下降トレンドが形成することが予測できます。

アセンディングトライアングルとの違い

ディセンディングトライアングルと似た言葉で、アセンディングトライアングルがあります。

アセンディングトライアングルは、ディセンディングトライアングルの反対で、高値を切り上げながら上昇していくトレンドラインと、高値を水平的に移行するレジスタンスラインを線で繋いだ時にできる三角形の形をしたチャートのことです。

逆向きの三角形になるので、アセンディングトライアングル発生後は、上昇トレンドを継続することが多いとされています。

ディセンディングトライアングルのパターン

ディセンディングトライアングル発生後の動きは複数のパターンに分けることができます。
どのパターンが来ても対応できるように、それぞれのパターンを理解しておきましょう。

  1. そのまま大きく下落する
  2. 反発してから再度下落する
  3. 反発してそのまま上昇する

そのまま大きく下落する

こちらは、サポートラインを下に抜けてそのまま大きく下落したパターンです。

このパターンはディセンディングトライアングルの最も基本的なパターンで、サポートラインを下に抜けた勢いのまま、大きく下落していきます。
レンジ期間が長く、三角形の頂点に近づけば近づくほど、ブレイクした時のトレンドが強くなる傾向にあります。

このようなパターンを狙うとFXでも大きな値幅を狙うことが可能です。

反発してから再度下落する

こちらは、サポートラインで何度か反発をしてから、再度下落したパターンです。

このパターンは、サポートラインを下にブレイクした後、再びライン付近まで戻ってから再度下落するパターンです。
サポートラインを下に抜けるのは、トレンド転換となり、投資家は売り目線になるのが一般的です。

そのため、サポートラインを下に抜けた瞬間から、サポートラインからレジスタンスラインに変わります。
水平ラインを活用した「戻り売り」のように大きく下落するパターンです。

反発してそのまま上昇する

こちらは、サポートラインで下値を支えられて、そのまま上昇していくパターンです。

ディセンディングトライアングルは、あくまで下降の勢いが強いだけで、必ずしも下がるわけではありません。
サポートラインで下値が支えられているので、反発して上昇することもあります。

上図の場合も、ディセンディングトライアングルを形成しているため、売り目線ですが、まだ買い圧力が強かったことで上昇していきました。
上に抜けてしまうと、逆に上昇の勢いが強くなることが多いので、注意が必要です。

ディセンディングトライアングルのエントリー・決済ポイント

ここでは、ディセンディングトライアングルのエントリーポイント・決済ポイントをご紹介します。

ディセンディングトライアングルのエントリーポイント

まずは、ディセンディングトライアングルのエントリーポイントを解説します。
ディセンディングトライアングルのエントリーポイントは、「サポートラインを下にブレイクしたタイミング」です。

もともとディセンディングトライアングルは、下降傾向にある指標ですが、サポートラインを下に抜けることでさらに売り圧力が強くなります。
そのタイミングで売りエントリーをすることで、大きい値幅を取ることが可能です。

ディセンディングトライアングルの決済ポイント

次に、ディセンディングトライアングルの決済ポイントを解説します。
ディセンディングトライアングルの決済ポイントは、「ディセンディングトライアングル開始時からサポートラインまでの値幅分下落したタイミング」です。

レンジブレイクからのトレンドは、レンジ幅と同じ値幅分のトレンドを形成することが多いと言われています。
それ以上の値幅を取れる場合もありますが、確実に利益を確定するために、あまり欲を出さずに、同じ値幅分下落したタイミングで決済する方が良いでしょう。

決済時に焦らないように、エントリーした時点で決済ポイントにラインを引いておくことをおすすめします。

ディセンディングトライアングルの引き方

ディセンディングトライアングルを引く際は以下の2つのポイントをチェックします。

  1. サポートラインが引ける
  2. 高値が切り下がっている

この2つのポイントをもとにディセンディングトライアングルを引いていきましょう。

サポートラインを引く

底値が支えられており、頻繁に反発している部分を見つけてサポートラインを引きます。

特に長い下髭に注目すると、意識されるサポートラインが引きやすくなります。

トレンドラインを引く

ディセンディングトライアングルは、高値を切り下げながら下降している形なので、高値を切り下げている部分を見つけてトレンドラインを引きます。

上図のようにサポートラインとトレンドラインで三角形ができればディセンディングトライアングルの完成です。

ディセンディングトライアングルを狙うときの注意点

ここでは、ディセンディングトライアングルを狙うときの注意点を2つご紹介します。
主な注意点は以下の2つです。

  1. だましに注意する
  2. 上抜けしたらすぐに損切りする

だましに注意する

ディセンディングトライアングルはだましが発生することがあります。
だましを回避するためには以下の2点を意識してください。

  • ブレイク一発目で飛びつかない
  • 転換点を確認してから取引を行う

サポートラインを下にブレイクした一発目で取引をしたくなる気持ちもわかりますが、ブレイク一発目はだましに遭う可能性も高いので取引を控えます。
サポートラインを下にブレイクしたら、トレンド転換でサポートラインからレジスタンスラインに転換するのが一般的です。

一度ブレイクしてから、再び上昇してレジスタンスラインにタッチしたところで、売りエントリーをすることで、だましを回避できる可能性が高くなります。

「ディセンディングトライアングルのパターン」で紹介したパターン2のチャートが理想のチャートです。

上抜けしたらすぐに損切りする

ディセンディングトライアングルは、高値が切り下げていることから下降しやすい傾向にありますが、必ずしも下抜けするとは限りません。
万が一売りエントリーをしてポジションを保有しているときに、ディセンディングトライアングルを上抜けした場合は、下降しやすいという傾向が崩れてしまいます。
逆に上抜けてしまうと上昇トレンドに転換してしまう可能性が高くなるので、早めに損切りしましょう。

  • 【期間限定】もう20,000円分の口座開設ボーナスは受け取りましたか?
    入金不要・ノーリスクでGEMFOREXが体験できます。

    GEMFOREXで海外FX取引をはじめてみませんか?

    • 最大レバレッジ1000倍
    • 追証なしゼロカットシステム採用
    • 日本語サポート体制が充実
    • 金融ライセンス保持
    • 自動売買ソフト(EA)を200種類以上無料提供

    ただいまGEMFOREXでは、お客様がリスクなくトレードにご参加いただけるよう、口座開設ボーナスを20,000円分用意しております。
    この機会にぜひGEMFOREXをお試しくださいませ。

  • 只今新規口座開設ボーナスとして
    20,000円プレゼント中ですが、
    もうGETしましたか?

    キャンペーン終了まで残り・・・